エクスジェン・ネットワークス様

エクスジェン・ネットワークス様紹介

データセンター、パブリッククラウド、SaaS・・・・コンポーネントが複雑化する今日のITシステム 環境においてセキュリティの要となるユーザID管理も煩雑化の一途を辿っています。 エクスジェン・ネットワークス株式会社様はユーザID管理を煩雑化を解決し、ITシステムのセキュリティ を強化する統合ID管理ソリューション「LDAP Manager® 」で国内トップシェア(注1)を誇るリーディング企業です。

社名   :エクスジェン・ネットワークス株式会社
設立   :平成12年8月24日
資本金  :1,000万円
代表者  :代表取締役 江川 淳一
住所   :東京都千代田区神田小川町 1-11 千代田小川町クロスタ11F

(注1)富士キメラ総研「2015ネットワークセキュリティビジネス調査総覧」(2015年11月刊)によると統合ID管理ツールの導入社数においてシェアNo.1となっています。

エクスジェン・ネットワークスの経営課題

エクスジェン・ネットワークス株式会社(以下、エクスジェン社)の「LDAP Manager® 」は ID統合管理のパッケージソフトウェアとして市場に提供され、多くのお客様に愛用され続けています。 しかし近年、パブリッククラウドやSaaSの隆盛に伴い、社内のITシステム環境だけでなく、外部IT システム環境も含めた統合管理が求められるとともに、ID統合管理を含む認証基盤システムも SaaSとして提供され、クラウドサービス利用の利点を享受したいというお客様の要望が増えてきました。

「お客様のIT環境が大きくクラウドにシフトする時代において、認証基盤システムのSaaS提供を計画する場合、 単純にLDAP Managerをマルチテナント化するだけでは不十分である。 お客様に認証基盤クラウドサービスを利用していただけるかどうかの最大の分岐点は、認証基盤 サービスの機能を充実させる以外に、サービスが稼働するクラウドインフラのセキュリティを どのように担保し、その堅牢性をどのようにお客様に説明、提供するかが、重要である。」

このイシューに対し江川 淳一代表取締役(以下、江川氏)が導いた答えは、 クラウドインフラの設計や運用に精通したビジネスパートナーと共同で基盤の設計構築を行い、 24時間365日のユーザサービスデスク/システム運用体制を構築することと考えました。

  • ユーザID管理の前提となる機密情報の保全管理に優れたサービス事業者
  • パブリッククラウド上で設計構築から運用までワンストップで提供できるサービス事業者

そこで江川氏はビジネスパートナーやWEB等の情報収集によって候補事業者を探すも、 システム運用の実績はなかなか一般情報として開示されておらず、前提要件となる「機密情報の保全管理に優れたサービス事業者」という要件を満たす事業者はなかなか見つけられずにいました。 そんな時、エクシードがLDAP Managerを使ったサービス開発の検討を申し入れたことをきっかけに エクシードの提供する「PCI DSS準拠セキュアマネージドサービス」の存在を知り、以下の理由でエクシードをパートナーとして新規SaaS事業開発を進める決断をしました。

  • エクシードはPCI DSS認証を取得した上でクレジットカード情報の保全運用を行った実績を
    持っている(年度ごとのPCI DSS外部機関監査も受け続けている)
  • エクシードをパートナーとすることでSaaS事業自体をセキュリティの高いサービスとして
    ブランディングすることができる
  • エクシードがAWS/Azure/Cloudnとマルチパブリッククラウド環境のインテグレーションができる

エクスジェン・ネットワークス様のサービスとエクシードのソリューション

エクスジェン社のサービス

組織内サービス、組織外サービス問わず利用者にも管理者にもワンストップのID管理サービス =マルチクラウド時代のセキュアで使いやすいITサービス利用を提供されています。

エクシードのサービス

適用サービス:

エクスジェン社にExtic事業の推進に注力していただくために、Exticの24時間365日のサービス提供 を支えるインフラ基盤、Extic管理者向けサービスデスク、セキュリティ強化のためのDeep Security 運用サービスをご提供しています。

エクスジェン・ネットワークス様・エクシードの挑戦

エクスジェン社はクラウド時代における統合ID管理のスタンダードサービスを目指し、Exticの サービス連携性強化のためマルチクラウドサービス基盤化(AWS以外のパブリッククラウドサービス 上からのサービス提供)やフェデレーションエコシステム(Exticでの認証ひとつで利用できるサービス)の拡大を図っていきます。

エクシードはパッケージ型ソフトウェア開発事業者(ISV)様のSaaS事業立上げに貢献するために、 技術者体制強化を図りながらマルチクラウド環境でのService Platform as a Service提供(略称SPaaS。ISVがSaaS事業を開始する上で必要となる全てのインフラ基盤・運用基盤のワンストップ 提供)を展開し、事業用ICTシステムのクラウドシフトを推進していきます。