NEWS

SERVICE

2016.02.02

複数のパブリッククラウドに対応するパッケージ型の仮想サーバ運用サービス 「マルチクラウドマネージドサービス 2.0」を提供開始

~ベストプラクティスに基づいた高品質な運用サービスを、統一した内容・金額で提供~

20160202_リリース_Xseed_マルチクラウドマネージドサービス 2.0.pdf

株式会社エクシード(本社:東京都品川区、代表取締役社長:立川 健児、以下 エクシード)は、複数のパブリッククラウドに対応するパッケージ型の仮想サーバ運用サービス「マルチクラウドマネージドサービス 2.0」を、本日から提供開始します。対応するクラウドサービスは、Amazon Web Services、Microsoft Azure、NTTコミュニケーションズ Cloudnです。

従来、エクシードはカスタマイズ型の「マルチクラウドマネージドサービス」を提供していました。その中で各クラウドサービス共通のベストプラクティスを蓄積したことから、この度、各クラウドサービスに対応可能な運用項目の標準化を実現し、利用しやすいパッケージ型の新サービスとしてリリースします。 本サービスの特長は、以下の点です。

  • 各クラウドサービスに対して、統一した内容・金額の高品質な運用サービスを提供可能
  • クラウドサービスごとに運用サービスを契約する必要がなく、利用するクラウドサービスを変更しても、本サービスを契約変更なく利用可能
  • 監視のみのプランから、セキュリティ管理やシステムの設定変更まで含めたプランまで4種類のプランを取りそろえ、システムの重要度や運用要件に応じて選択可能
  • 仮想サーバ1台単位の月額課金制で、プラン選択が容易

本サービスを利用することによってお客様は、1種類のパブリッククラウドを利用した小規模なシステム環境から、マルチクラウドを利用した複雑・大規模なシステム環境にわたって、標準化された高品質な運用サービスを手軽に利用することができます。

マルチクラウドマネージドサービス2.0.jpg

■サービスプラン

ライト

監視のみのプランです。基本的に自社で運用しており、夜間・休日などの担当者が手薄な時間帯の運用を補完したいお客様向けのプランです。

ベーシック

「ライト」に加え、障害対応、バックアップ/リストア、計画的な変更作業を行います。定常運用は自社で行うが、障害対応は委託したいお客様向けのプランです。

スタンダード

「ベーシック」に加え、ログ監視とセキュリティパッチ適用を行います。定常運用と障害対応を委託したいお客様向けのプランです。

アドバンス

「スタンダード」に加えて、ウィルス対策/IDSシグネチャパターンの更新状況確認と更新管理を行います。定常運用と障害対応を委託するとともに、セキュリティ機能管理も強化したいお客様向けのプランです。

費用(税別)/提供サービス項目 ライト ベーシック スタンダード アドバンス
初期費用[運用設計費用](/台) ¥0 ¥16,000 都度見積 都度見積
月額費用(/台) ¥5,000 ¥16,000 ¥33,000 ¥62,000
死活監視/サービス監視/性能監視
ログ監視 - -
バックアップ/リストア -
障害対応 -
計画的な変更作業 -
セキュリティパッチ適用 - -
月次運用報告書 - -
ウィルス対策/IDSシグネチャパターンの更新状況確認と更新管理 - - -

サービス詳細:http://www.xseed.co.jp/services/operation/000367/

<株式会社エクシードについて>

株式会社エクシードは、先進的な仮想化技術と運用管理技術を基軸に、オープンソースの深い知識を加えて、お客様の環境にあわせて設計・構築から運用までお手伝いをさせていただくプロフェッショナル・サービスや、自社開発のソフトウェアを利用したクラウドサービスなど、独自のソリューションサービスを提供しています。(設立:2006 年9 月) URL:http://www.xseed.co.jp/

※ 記載されている社名や製品名は、各社の商標または登録商標です

※ Amazon Web Services、アマゾン ウェブ サービス、AWS、およびAmazon Web Servicesロゴは、Amazon.com, Inc. またはその関連会社の商標です

<本ニュースリリースに関するお問い合わせ先>

株式会社エクシード サービス担当

電話:03-6422-0021  E-mail:info@xseed.co.jp